原因はストレス?治りにくいけいれん性便秘

けいれん性便秘は、慢性便秘全体の中ではそれほど患者数の多い便秘ではありません。ただし、治すのに長期間かかってしまいがちだという特徴をもっています。おまけに、一般的な便秘解消法がかえって逆効果になるというのも厄介なところです。

いろいろな便秘対策を試しているのに一向に改善しないという人は、けいれん性便秘を疑ってみましょう。

1分でわかる!!あなたの便秘タイプ診断

Q1.進学や就職、引っ越し等で生活環境が変わった
Q.最近旅行に行った
Q.最近ダイエットを始め、食生活が変わった
Q.生理前には必ず便秘になる。または現在妊娠中である。
Q.

以下のいずれかに該当したらyesをクリック

  • 最近寝不足である
  • 暴飲暴食をした
  • 最近野菜を食べていない
  • 肉類など最近食べすぎた
Q.下剤を連用している、またはしていた
Q.硬く太いコロコロとした便が出る
Q.腹痛は少ないけれどもおなかが張る
Q.肌荒れ、肌のくすみが気になる
Q.

以下のいずれかに該当したらyesをクリック

  • 高齢者
  • 多産婦
  • 食事量の少ない人
  • 最近運動不足である
Q.食後にお腹が痛くなる
Q.便秘と下痢を交互に繰り返す
Q.突然激しい便意が起こる
Q.排便後は腹痛が治まる
Q.

以下のいずれかに該当したらyesをクリック

  • 性別は男である
  • 性格はまじめで神経質だ
  • 気が弱い方である
  • 几帳面である
Q.便意があるのにガマンすることが多い
Q.以前と比べて便意をあまり感じなくなった
Q.下剤や浣腸を使いすぎている
Q.痔や直腸瘤などを患っている
Q.

以下のいずれかに該当したらyesをクリック

  • 出産や子宮摘出手術の経験のある人
  • 便が非常に硬くなる
  • 水分をあまり摂らない
Q.これまでにない程の激しい腹痛や嘔吐、違和感を感じる
Q.血便や粘液が一緒に出る
Q.生活習慣を改めても一向に便秘が改善しない
Q.極端に細長い便や薄い平らな便が出る
Q.何も心あたりがないのに急な発熱や便秘を生じる
Q.

以下のいずれかの薬を服用している場合はyesをクリック

  • 胃潰瘍の薬
  • 抗ガン剤
  • 制吐薬(せいとやく)
  • 痛み止め
  • 咳止め
  • 抗うつ薬
  • 抗パーキンソン剤
  • 降圧剤
  • 前立腺肥大症治療薬
Q.最近外科手術を行った
yes
no
あなたは便秘ではないようです

おめでとうございます!!全て「no」だったあなたは今のところ便秘の諸症状は現れていません。ですがいつ便秘に悩まされるかわかりませんので、念のため下記の記事に目を通しておくことをオススメします。

470万人が悩む慢性便秘

2017.08.26
あなたの便秘タイプは...
弛緩性便秘

    女性や高齢者に多い弛緩性便秘

    2017.08.22
    あなたの便秘タイプは...
    けいれん性便秘

      原因はストレス?治りにくいけいれん性便秘

      2017.08.23
      あなたの便秘タイプは...
      直腸性便秘

        我慢から慢性化する直腸性便秘

        2017.08.24
        あなたの便秘タイプは...
        器質性便秘

          重大な病気の危険性もある器質性便秘

          2017.08.25
          あなたの便秘タイプは...
          医原性便秘

            医療行為によって引き起こされる 医原性便秘

            2017.09.13
            もしくは...急性便秘である可能性もあります

              急性便秘について。便秘には急性のものもある

              2017.09.12
              もしくは...弛緩性便秘である可能性もあります

                女性や高齢者に多い弛緩性便秘

                2017.08.22
                もしくは...けいれん性便秘である可能性もあります

                  原因はストレス?治りにくいけいれん性便秘

                  2017.08.23
                  もしくは...直腸性便秘である可能性もあります

                    我慢から慢性化する直腸性便秘

                    2017.08.24
                    もしくは...器質性便秘である可能性もあります

                      重大な病気の危険性もある器質性便秘

                      2017.08.25
                      もしくは...医原性便秘である可能性もあります

                        医療行為によって引き起こされる 医原性便秘

                        2017.09.13
                        もっと正確に診断する?

                        正確性: ()

                        けいれん性便秘のメカニズム

                        けいれん性便秘は、腸の筋肉が必要以上に活発に動くことで引き起こされます。本来であれば腸は、ゆっくりと伸縮を繰り返すことで便を肛門まで送り出すのですが、伸縮が活発すぎると便は進みきらないうちに元の場所まで引き戻されてしまいます。これではいつまで経っても肛門まで辿り着けないので、便秘になってしまうという仕組みです。

                        なぜこんなことが起きるかというと、自律神経が乱れているためです。私たちの体は全身に張り巡らされている神経によって動かされていますが、「動かそう」と思わなくても動いてくれる部分は自律神経の管轄です。たとえば心臓は、生きているかぎり必ず動いていますし、眠っているときでも勝手に動きつづけてくれていますよね? これが自律神経のはたらきです。

                        胃や腸といった消化器官も、わざわざ「食べたものを消化しよう」と思わなくても自動的にはたらいてくれますから、自律神経の管轄ということになります。自律神経の調子が排便に影響するのは、当然だといえるでしょう。

                        けいれん性便秘が引き起こされる原因

                        では、そんな自律神経を乱れさせるのはどういった要素なのでしょうか? 代表的なものを紹介します。

                        精神的なストレス

                        自律神経の最大の敵はストレスです。本来、自律神経はリラックスしているときと緊張しているときで役割が切り替わるのですが、過度にストレスが溜まっているとリラックスすべきときにも緊張がつづいてしまいます。そのため、切り替わるべきポイントがわからなくなり、正常にはたらいてくれなくなるのです。

                        現代の日本では、まったくストレスを感じずに生活するというのはまず不可能でしょう。けいれん性便秘は、誰にでも起こりうる便秘といえます。

                        肉体的なストレス

                        ストレスというのは、なにも精神的なものだけを指す言葉ではありません。たとえば睡眠不足や運動不足がつづいていても、体は休むべきタイミングがわからなくなります。また、過度な飲酒や喫煙が体にあたえる負担も小さくありません。

                        さらに、肉体的なストレスは精神的なストレスを生む原因でもあります。睡眠が足りないときにイライラしてしまいがちな人は多いのではないでしょうか? 心と体は密接に関わっていますから、心身両面でのストレス解消が求められます。

                        間違った便秘対策

                        けいれん性便秘を引き起こす原因としては、こちらも忘れてはいけません。便秘というと、一般的には「食物繊維をとる」とか「便秘薬を飲む」といったような対策で解消することができると思われがちですよね。しかしこうした対策は、あくまでも「腸の機能を改善させる」ためのものです。

                        けいれん性便秘は腸が活発すぎることによって引き起こされる便秘ですから、これ以上腸が活発になってしまっては、むしろ逆効果です。間違った対策によって悪化させているケースはとても多いです。

                        けいれん性便秘の症状

                        便秘の種類は、具体的な症状からも見分けることが可能です。 けいれん性便秘の代表的な症状は、以下のとおりです。

                        下痢になることも多い

                        便秘というと「便が出にくい」のが代表的な症状ですが、けいれん性便秘の場合はそれだけではありません。腸の機能そのものはむしろ通常以上に活発なので、うまくタイミングが合うと、便が出すぎるほど出てしまうこともあるのです。そのため、便秘の時期と下痢の時期が交互にやってくる人も多いのが特徴です。

                        食後の強い痛み

                        便秘に腹痛はつきものですが、けいれん性便秘の場合は痛みの種類が少々違います。ほかの便秘での腹痛は、溜まった便やガスがお腹を圧迫することによる痛みがメインでした。それに対して、けいれん性便秘では腸が過剰に運動しすぎることでも痛みが出ます。そのため、食後には特に強烈な痛みに教われがちです。

                        これらの症状が見られるのであれば、けいれん性便秘の可能性が高いといえるでしょう。有名な便秘対策は効かない場合が多いので、時間をかけて生活習慣を改善していきましょう。