覚えておけば安心!赤ちゃんの便秘改善法

妊婦さんに便秘の悩みはつきものですが、ようやく出産を終えてからもまた別の便秘の悩みがやってきます。それは、赤ちゃんの便秘です。

まだ自分で動いたり喋ったりできない赤ちゃんにとって、便通はなによりの健康のバロメーターとなります。それなのに排便が止まっているとなれば、病気なのではないかと不安になってしまう人も多いことでしょう。

しかし慌てる必要はありません。なぜなら生後から離乳期までの赤ちゃんは、もともと便秘になりやすいものだからです。便秘改善も大人より簡単なので、事前に対策法を知っておけばいざというときに困らずに済みます。今回は赤ちゃんの便秘の改善方法をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

赤ちゃんが便秘になりやすい原因

どんな問題でも解決するためには、まず原因を押さえておかなければなりません。赤ちゃんが便秘になりやすいのは、どうしてなのでしょうか?

いちばんの原因は「成長」です。赤ちゃんの体重は、生まれてからの3ヶ月で約2倍、1年後には約3倍にまで増えます。人生のなかでも最も急激に体が大きくなる時期ですから、体の内側もめまぐるしく変化しつづけているわけです。変化に慣れるまで胃腸の機能が不安定なのは、むしろ当然のことだといえるでしょう。

そして、この時期の赤ちゃんは食事内容もミルクから混合栄養、そして離乳食とどんどん変化していきます。食べ物が急に変わると、大人であっても胃腸が驚いて便秘になりがちです。ましては赤ちゃんははじめて食べるものだらけなのですから、うまく消化できないのはやはり普通のことです。

また、ハイハイができるようになる前の時期であれば、運動不足が原因である可能性もあります。実は赤ちゃんの便秘もメカニズムは大人とさほど変わらないので、運動が足りないとどうしても便秘になりがちです。

赤ちゃんの便秘を改善するためのポイント

2~3日間様子をみる

まず真っ先に心がけるべきなのは、慌てず騒がず「様子をみる」ということです。食事内容を変えたり、いつもと違う環境に連れていったりといった心当たりがある場合は、体がびっくりしてししまったことによる一過性の便秘である可能性が高いからです。

2~3日様子をみていれば自然と改善されることも多いので、焦って赤ちゃんの体によけいな負担をあたえないよう気をつけましょう。

お腹に「の」の字マッサージ

便秘気味の状態が3日以上つづいているようであれば、「の」の字マッサージが効果的です。これは、おへその周辺を「の」の字を描くようにやさしく時計回りに撫でてあげるマッサージで、腸を刺激してあげることが目的です。

このマッサージは大人の便秘にも効果があるので、すでにご存知の人も多いかもしれません。ただし赤ちゃんの肌は大人よりもずっとずっとデリケートですから、力はほとんど入れなくて大丈夫です。手のひらに石鹸を泡立てた状態で20~30周ほど撫でてあげると、過不足ない絶妙な刺激をあたえられるでしょう。

寝返りの回数を増やす

運動不足による便秘の場合には、体を動かす回数を増やしてあげます。といっても、もちろん激しく体を揺すったりなどしてはいけません。ただ睡眠中の寝返りを増やしてあげるだけでよいのです。

赤ちゃんのうちは最小限のエネルギーで生きていける体になっていますから、寝返りだけでも充分に腸を刺激することができます。やがて自分で動けるようになれば、自然と解決するケースもよく見られます。

綿棒での刺激は最終手段

上記のような対策をしても改善しない場合は、綿棒で直接肛門を刺激してあげるという方法があります。綿棒にベビーオイルをつけてやさしく肛門に出し入れしてあげれば、浣腸と同じ効果が出ます。これは昔から赤ちゃんに対しておこなわれてきた便秘対策で、効果は抜群です。

しかし刺激が強い方法なので、あくまでもほかの対策を試したあとの最終手段として利用するように注意しましょう。

赤ちゃんの便秘の大部分は健康的に問題のないものばかりで、ここまで紹介してきた対策法で基本的には解決するはずです。もしこれでも改善しないようであれば、病気の可能性もあるので医師の診察を受けるようにしましょう。

1分でわかる!!あなたの便秘タイプ診断

Q1.進学や就職、引っ越し等で生活環境が変わった
Q.最近旅行に行った
Q.最近ダイエットを始め、食生活が変わった
Q.生理前には必ず便秘になる。または現在妊娠中である。
Q.

以下のいずれかに該当したらyesをクリック

  • 最近寝不足である
  • 暴飲暴食をした
  • 最近野菜を食べていない
  • 肉類など最近食べすぎた
Q.下剤を連用している、またはしていた
Q.硬く太いコロコロとした便が出る
Q.腹痛は少ないけれどもおなかが張る
Q.肌荒れ、肌のくすみが気になる
Q.

以下のいずれかに該当したらyesをクリック

  • 高齢者
  • 多産婦
  • 食事量の少ない人
  • 最近運動不足である
Q.食後にお腹が痛くなる
Q.便秘と下痢を交互に繰り返す
Q.突然激しい便意が起こる
Q.排便後は腹痛が治まる
Q.

以下のいずれかに該当したらyesをクリック

  • 性別は男である
  • 性格はまじめで神経質だ
  • 気が弱い方である
  • 几帳面である
Q.便意があるのにガマンすることが多い
Q.以前と比べて便意をあまり感じなくなった
Q.下剤や浣腸を使いすぎている
Q.痔や直腸瘤などを患っている
Q.

以下のいずれかに該当したらyesをクリック

  • 出産や子宮摘出手術の経験のある人
  • 便が非常に硬くなる
  • 水分をあまり摂らない
Q.これまでにない程の激しい腹痛や嘔吐、違和感を感じる
Q.血便や粘液が一緒に出る
Q.生活習慣を改めても一向に便秘が改善しない
Q.極端に細長い便や薄い平らな便が出る
Q.何も心あたりがないのに急な発熱や便秘を生じる
Q.

以下のいずれかの薬を服用している場合はyesをクリック

  • 胃潰瘍の薬
  • 抗ガン剤
  • 制吐薬(せいとやく)
  • 痛み止め
  • 咳止め
  • 抗うつ薬
  • 抗パーキンソン剤
  • 降圧剤
  • 前立腺肥大症治療薬
Q.最近外科手術を行った
yes
no
あなたは便秘ではないようです

おめでとうございます!!全て「no」だったあなたは今のところ便秘の諸症状は現れていません。ですがいつ便秘に悩まされるかわかりませんので、念のため下記の記事に目を通しておくことをオススメします。

470万人が悩む慢性便秘

2017.08.26
あなたの便秘タイプは...
弛緩性便秘

    女性や高齢者に多い弛緩性便秘

    2017.08.22
    あなたの便秘タイプは...
    けいれん性便秘

      原因はストレス?治りにくいけいれん性便秘

      2017.08.23
      あなたの便秘タイプは...
      直腸性便秘

        我慢から慢性化する直腸性便秘

        2017.08.24
        あなたの便秘タイプは...
        器質性便秘

          重大な病気の危険性もある器質性便秘

          2017.08.25
          あなたの便秘タイプは...
          医原性便秘

            医療行為によって引き起こされる 医原性便秘

            2017.09.13
            もしくは...急性便秘である可能性もあります

              急性便秘について。便秘には急性のものもある

              2017.09.12
              もしくは...弛緩性便秘である可能性もあります

                女性や高齢者に多い弛緩性便秘

                2017.08.22
                もしくは...けいれん性便秘である可能性もあります

                  原因はストレス?治りにくいけいれん性便秘

                  2017.08.23
                  もしくは...直腸性便秘である可能性もあります

                    我慢から慢性化する直腸性便秘

                    2017.08.24
                    もしくは...器質性便秘である可能性もあります

                      重大な病気の危険性もある器質性便秘

                      2017.08.25
                      もしくは...医原性便秘である可能性もあります

                        医療行為によって引き起こされる 医原性便秘

                        2017.09.13
                        もっと正確に診断する?

                        正確性: ()