乾燥肌のメイク直し。毛穴もシワも目立たせずキレイによみがえる方法

メイク直しをしても毛穴やシワが目立ってしまう乾燥肌に悩んでしまう方は多いと言われています。時間が経つとベタベタギトギトしてしまう、ファンデーションが乗らないというやっかいな肌質なので、まず日頃のスキンケアをしっかり行いましょう。それを前提にここではキレイによみがえらせるメイク直しの方法をご紹介しましょう。

毛穴もシワも目立たない。乾燥肌のメイク直しの方法

乾燥肌のメイク直しにはコツが必要です。あぶら取り紙の直後にパウダーファンデーションをつけてしまってウマく乗らなかった…という経験がある方もいるのでは?実は乾燥肌のメイク直しにはコツが必要なのですよ。ここではポイントを押さえながら手順を紹介しましょう。

1.ティッシュオフする

まずはティッシュオフして余分な皮脂をとりましょう。あぶら取り紙は必要な油分までも根こそぎ取り去ってしまうので、乾燥肌を促進してしまいおすすめできません。ティッシュなら不要なぶんだけとることができるのでおすすめですよ。

2.乳液、またはクリームをつける

乳液またはクリームをつけて肌を整えましょう。特に乾燥肌はティッシュオフしてすぐにファンデーションをつけようとするとベースが整わず、毛穴やシワが目立ってしまいます。乳液やクリームをつけるとメイクのりがアップするので必ずつけましょう。特に目のまわりにムラなくつけるのがポイントですよ。

3.日焼け止めを使う場合はこのステップで

朝のメイクタイムと同じように、もし日焼け止めを使うならこのステップで使いましょう。もし日焼け止めをつけてベタつくようなら軽くティッシュオフすることをおすすめします。ただあまり取りすぎてしまうとファンデーションのノリが悪くなってしまうので軽く行うのがポイントですよ。

4.リキッドかクリームファンデーションを使う

メイク直しにもリキッドファンデーションかクリームファンデーションを使いましょう。乾燥肌にフィットさせるためにはパウダータイプよりも油分をしっかり含んでいるもののほうが、シワや毛穴が目立たなくなりキレイに仕上がります。また薄くしっかり伸ばしてつけるのもキレイに仕上げるポイントですよ。

もしファンデーションの密着感が足りない場合は美容オイルを1滴加えるとノリをアップさせるので、裏ワザとして覚えておくと便利です。特にホホバオイルとマカダミアナッツオイルは肌への浸透にすぐれ、ベタつかせず、毛穴やシワを目立たなくするのでおすすめですよ。

5.フェイスパウダーで仕上げる

最後はフェイスパウダーでお肌を整えましょう。乾燥肌もマットな仕上がりになってベタつきを抑え、キメを細かく整えます。またメイクのキープ力をアップさせるのでメイク直しの際にも忘れずにはたきましょう。

フェイスパウダーはファンデーションと同じ種類に分類されますが、ファンデーションと比較すると油分が少なくさっぱりとした使用感が特徴です。パウダーが皮脂を吸収してメイクのよれを防ぎますよ。

ムダ毛処理しておくのもキレイなメイクをよみがえらせる方法です

ファンデーションの密着度を高めるためにかかせないのは、スキンケアや化粧下地で整った肌ともうひとつ、顔のムダ毛です。ムダ毛が生えているとファンデーションがウマくなじまずに毛並みに沿って浮いてしまったり、毛穴が目立ってしまうことがあります。

特にメイク直しのときは朝の基礎スキンケア直後よりも肌状態が整っていないので、キレイに直せない可能性が高いでしょう。さらにムダ毛が生えているとより一層メイクのりを妨げてしまうおそれがあるので、あらかじめ処理しておけばメイクのりをアップさせられますよ。

自宅での剃毛は肌バリア機能を低下させてしまうので、できれば脱毛サロンで顔脱毛してもらいましょう。ムダ毛が生えてこなくなればメイク直しだけでなく、日頃のメイクのりもアップしますよ。

なかなか難しい乾燥肌のメイク直しですが、ポイントをつかむとキレイに仕上げることができるのでぜひ実践してみてください。より美しく仕上げるためには日頃のスキンケアはもちろん、ムダ毛処理しておくとその効果をより感じられるのでこころがけましょう。