乾燥肌を予防したり改善したりするために効果的な保湿成分

乾燥肌を予防したり改善したりするときに、ぜひ使っていただきたい保湿成分があるのでご紹介しましょう。今やスキンケアアイテムは数えきれないほど店頭に並んでいますが、何がどのように効果を発揮するのかわからないと言う方も多いはずです。

そのようなとき効果的な保湿成分を知っておけば化粧品選びに役立つかもしれません。まず以下の3つのタイプの成分があることを覚えておきましょう。

  • 水分を挟み込む保湿成分
  • 水分を抱え込む保湿成分
  • 水分をつかむ保湿成分

では代表的な存在となっている保湿成分を中心に、どのタイプに分類されるのかを解説しながらひとつずつ見ていきましょう。

水分を挟み込む保湿成分

角質層の細胞間脂質によって作られた層に水をサンドイッチ状にはさみこむことで肌バリア機能を強化しキープします。水分保持力がもっとも高いのが特徴です。

セラミド

もともと角質層の角質細胞間脂質に存在する成分で、肌につけることで角質層内に浸透しスキマを埋めます。すると外からの乾燥や体内からの水分の蒸発をガードすると考えられています。湿度に左右されないことから乾燥の季節にもぴったりで、No.1の保湿力を誇っている成分ですよ。

リピジュア

洗い流しても落ちないうるおいベールで包み、肌内部の水分のもれや乾燥などの外的刺激から肌を守ります。また角質層内に浸透することで、疎水性の層が水分を保持する層を上下で挟み込むように膜を作って強力に保湿します。皮脂膜と同じ働きをしつつ、ヒアルロン酸の2倍の保水力を持っているのが魅力ですよ。

水分を抱え込む保湿成分

肌の表面や角質層内で保湿成分そのものが自分の肌から逃げていこうとする水分や、空気中の水分を抱え込んで保湿します。挟み込むタイプの成分には劣りますが、湿度が下がっても高い保湿力をキープするのが特徴です。

コラーゲン

もともと真皮層内に含まれている成分で弾力を維持する働きをしていますが、肌につけると空気中の成分や肌から漏れ出そうとする水分を抱えて保湿し持続します。分子が大きいので浸透しませんが、空気が乾燥していても肌表面で強力に保湿するのが特徴でしょう。ただ低分子なコラーゲンは角質層内で水分を保持することでも役立ちます。

ヒアルロン酸

コラーゲンと同じく真皮層内の細胞同士の間に含まれていて強力に水分を溜め込む働きをし、空気中の成分や肌から漏れ出そうとする水分を抱えて保湿します。その保水力はなんと1gで6リットルもの水分を抱え込むことができるのが特徴でしょう。分子が大きいので浸透しないものの、湿度に左右されずに肌表面でうるおいを保ちます。低分子なものは角質層内に浸透して水分を保持するのに役立つでしょう。

水分をつかむ保湿成分

空気中に含まれている水分をキャッチして肌に取り込んで保湿します。湿度が高いところでは効果的ですが、低いところでは保湿力が下がってしまうのが欠点でしょう。

天然保湿因子(NMF)

角質細胞内の成分で肌のうるおいを保つ働きをしていますが、肌につけると空気中から水分をキャッチして保湿します。通常は角質細胞が作られていくときに天然保湿因子も作られていきますが、加齢や睡眠不足などの生活習慣の乱れによって作られにくくなってきてしまいます。乾燥肌を防ぐためには天然保湿因子を構成しているアミノ酸・尿素・PCAなどの成分を含む保湿剤を使うと役立つでしょう。

乾燥肌を予防したり改善したりするときに効果的な成分はまだまだありますが、ここでは代表的なものだけをまとめました。効果を実感するためには3つのジャンルの成分すべてを含むものであれば、さまざまな働きで保湿できますね。保湿成分も新しいものが続々出てきているのでいろいろ比較しながら自分にぴったりなものを見つけていきましょう。