乾燥肌でもしっとり美肌を作れるファンデーションの選び方

乾燥肌でもしっとり美肌を作れるファンデーションは一体どのように選べばよいのでしょうか。乾燥肌をキレイに見せるファンデーションも選び方を間違えれば美しく仕上げるのが難しくなります。まずは自分がめざす「しっとり美肌」は見た目を整えたいのか、それともダメージを最小限に抑えたいのかによって変わってくるのでチェックしましょう。

ファンデーションで作る「しっとり美肌」は見た目?それとも肌へのやさしさ重視?

ファンデーションで作る乾燥肌の「しっとり美肌」は、美しく見えるように仕上げるのか、それとも肌へのやさしさを重視するのかで決まります。美しく見せるのならリキッドやクリーム、素肌をいたわるのならフェイスパウダーがおすすめでしょう。

カバー力を重視するのならリキッドかクリームファンデーション

肌への密着力が高く、カバー力にもすぐれているリキッドやクリームファンデーションは乾燥肌にぴったりです。油性なので保湿力の高さにすぐれていますが、リキッドとクリームでならクリームのほうが油分が高く保湿するのにすぐれています。

ただリキッドやクリームファンデーションは肌への密着度が高いぶんメイクが落ちにくくなってしまうという欠点があります。ファンデーションによってはクレンジング効果の高いメイク落としが必要になったり、過度なクレンジングをしてしまったりすることで、乾燥肌を促進させてしまうことになりかねないので注意が必要です。

カバー力や保湿力の高さが魅力でもクレンジングで乾燥させてしまっては無意味になってしまうので、日常使いをするときは肌の様子に注意しておきましょう。リキッドやクリームファンデーションは乾燥肌でも美肌を作りたいときにはベストなので、外出時にはおすすめですよ。

肌への負担を軽減するのならフェイスパウダーがベスト!

肌への負担を最小限に抑えつつ乾燥肌にぴったりなファンデーションはフェイスパウダーでしょう。カバー力や肌への密着度は衰えてしまうもののテカりを抑えきめ細かな肌を作るので、敏感肌にもぴったりです。クリームファンデーションのようにクレンジング不要なので肌へのダメージを軽減させられますよ。

もしカバー力を少しでも高めたいときはパウダータイプやミネラルファンデーションを薄くつけましょう。リキッドやクリームタイプと比較すると、カバー力だけではなく肌への密着力が弱かったりメイク崩れしやすかったりしますが、成分や性質が乾燥を防ぐことにつながります。

パウダーファンデーションは防腐剤や乳化剤を、ミネラルファンデーションは添加物や油分を含んでいないので、肌への密着力は弱くなってしまいます。しかし肌へと負担になる成分がないのでダメージを軽減させられたり、水性の性質によって肌に摩擦を加えずスムーズに落とせたりと、乾燥肌を防ぐことができますよ。

成分もファンデーションの選び方で重要なチェックポイント

せっかくならファンデーションに保湿成分が含まれているものを選びましょう。乾燥肌を保湿しながらファンデーションの密着力を高め、しっとり美しく仕上げられるのでおすすめです。しっかり密着することは美しく見せることにもつながるので大切ですよ。

保湿パワーNo.1と言えばセラミドです。肌バリア機能を高めるのに役立ち、乾燥肌を積極的に改善へ導くでしょう。また天然成分でありながらセラミドにも劣らない成分にサクランがあります。もし乾燥する環境にいたとしてもどちらも強力に保湿しながらメイクを美しく見せてくれるので配合されているファンデーションがおすすめですよ。

他にもコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなども乾燥する季節や環境でも保湿できるのでファンデーションに含まれているかチェックしましょう。ただ天然保湿因子やPGは湿度によって保湿力が下がってしまう成分なので、乾燥する環境では別のメイクアイテムで保湿することをおすすめします。

しっとり美肌を作れるファンデーションは見た目を美しく整えたいのか、それとも肌への負担を最小限にしたいのかによって選ぶものが変わってきます。基本的にはカバーするために使うのでリキッドやクリームタイプがおすすめですが、自分に合ったものを使い分けるのがベストだと言えるでしょう。