乾燥肌との違いは?敏感肌がすべき保湿スキンケア方法

スキンケアが難しいとされている敏感肌はどのようにお手入れすればいいのでしょうか。あらゆる刺激を感じやすい肌質なのに慎重にお手入れしなければなりません。ここでは乾燥肌と敏感肌の違いをはじめ、敏感肌がすべき保湿ケアについてまとめました。

まず敏感肌は肌バリア機能をチェックして!

乾燥肌や敏感肌の原因は肌バリア機能の低下です。肌バリア機能とは皮脂膜と角質層のことをさし、乾燥や紫外線などの外的刺激から肌を守ってくれます。また肌内部の水分が外部に漏れてしまわないようにガードしてくれていることから「肌バリア機能」と呼ばれています。

乾燥肌と敏感肌の違いは?

まず乾燥肌とは肌の水分や油分を蓄えられなくなったため、極端に少なくなった状態をさしています。一方敏感肌は化粧品や衣類、乾燥や紫外線などの外的刺激に触れてかゆみや発疹などを引き起こしてしまう、非常にデリケートな肌状態を言います。

どちらも肌バリア機能が低下していることが原因ですが、敏感肌は乾燥肌が悪化してしまった状態だと言うとわかりやすいのかもしれません。角質層に水分を蓄えることでバリアを形成していますが乾燥肌は水分を蓄えられずもれ出てしまう状態で、敏感肌はバリア機能がなくなってしまった状態を言います。

水分や油分が不足している乾燥肌の初段階では本人はこれといった変化は感じられず、「乾燥肌になってしまった」と気づくのは難しいかもしれません。しかし敏感肌はガードするものがなくなってしまい、化粧水の防腐剤などの影響でピリピリした痛みを感じられるので自分でも気づけるのも特徴でしょう。

ただ女性には生理周期があって黄体期に限り黄体ホルモンの働きで、たとえ健康な肌でも肌バリア機能が低下するようになっています。いつも使っている化粧品が染みてしまい、敏感肌になってしまったと勘違いする方もいるでしょうが一時的なので心配はありません。生理前や生理中だけおだやかな処方のスキンケアにする等…工夫して使いましょう。

敏感肌の保湿スキンケア方法

健康な肌と比較するとどうしてもひと手間加えなければならない敏感肌は、肌バリア機能を高められるよう保湿スキンケアを行うのが大切です。敏感肌の程度によってもケア方法は変わってきますが、まずは自分が刺激を感じないケアを行っていきましょう。

セラミドかサクラン化粧品を試してみよう

まずは肌バリア機能を高めるためのケアをするためにセラミドが入った化粧品を使いましょう。セラミドは保湿成分ナンバーワンで肌バリア機能を形成している角質細胞間脂質を増やしてバリア機能を高めるのに非常に役立ちます。しかし化粧品に含まれているセラミドは人工的な成分なので肌に刺激を感じてしまうという方も少なくありません。

もしセラミドで刺激を感じてしまうようならサクランを使いましょう。天然保湿成分なので敏感肌でも安心して使えるだけでなく、ナンバーワンの保湿効果を持ち合わせています。肌につけて乾燥するとさらさらになり、薄いベールで覆い肌から逃げていく水分をキャッチするので強力に保湿しますよ。なんとヒアルロン酸の5倍の保湿力を持つと言われている注目の成分なのでチェックしましょう。

洗顔料は使わない

朝はぬるま湯洗顔、夜はクレンジングのみのシンプルな洗顔を行いましょう。過剰な洗顔や洗顔料は肌の皮脂膜を奪い去り、乾燥肌を招いてしまいます。洗いすぎは敏感肌のモトだと皮膚科医も語るので、敏感肌を感じたらぬるま湯洗顔のみを行いましょう。

すすぎはぬるま湯を厳守して

すすぎは必ずぬるま湯で行いましょう。温かいお湯は肌の皮脂膜を奪い去って乾燥を悪化させ敏感肌を招いてしまいます。またお湯は蒸発するときに肌の水分も一緒に抜けてしまうので、ぬるま湯を使うことを守ってください。洗顔料と同じくすすぎの温度も敏感肌を招いてしまう大きな原因となっているので厳守しましょう。

薄化粧でやさしいクレンジング

薄化粧を習慣にし、やさしいクレンジングをこころがけましょう。濃いメイクに強力なオイルクレンジングは敏感肌にとって最悪です。オイルは皮脂膜を奪い去り、濃いいメイクはこするなどして角質層に負担かけるのでいけません。ミルククレンジングなどでやさしく落とせる薄化粧がベストですよ。

シンプルな成分でのスキンケアがおすすめ

美肌に効果的と言われるさまざまな成分も敏感肌は受け付けないことがほとんどです。そのようなことからシンプルな成分でのスキンケアがおすすめですよ。ホホバオイルは人間の皮脂と同じワックスエステルという成分が肌バリア機能を強化してくれるので、敏感肌にぴったりです。

また重症な場合はワセリンのみのケアを行うよう、皮膚科医から指導されることもあります。重症なほどシンプル重視でケアすると改善されることがあるのでぜひ試してみてください。

敏感肌は乾燥肌の進行形で非常にやっかいですが、改善するためには保湿ケアを重視して肌バリア機能を高めましょう。ただあらゆる成分に刺激を感じてしまうのでスキンケアを行うときもシンプルケアをこころがけることが大切ですよ。